自民党の若手議員が「こども保険」の創設を進めているそうです。
内容は、小学校入学前の子供に対する幼児教育・保育を無償にしようというもので、少子化対策としてのアイデアでもあるようです。
現在、保育所や幼稚園の数が足りないことが大きな社会問題のひとつなので、これが解決されるならお母さんたちにとって、日本の将来にとっても良いことですね。
ただ、財源は社会保険料に上乗せして徴収するので、実質増税ということになります。
これはちょっと微妙です。
まぁ、何かするにはお金は必要でしょうから仕方ないかもしれませんが、同時に政治における無駄金の削減もきっちり進めて欲しいものですね。
しかしながら、若手議員だからこういうアイデアが出てくるのでしょうか?
だとしたら、国会にはもっと多くの若手議員が必要ですね。
「日本の将来」を見据えて活動できるような国会議員がひとりでも多く、しかし多すぎてはダメですが、現れてくれることを望みます。料金を考えると川崎でヒゲ脱毛をしてよかったと思います